BMW/M4クーペ


Wikipediaより

BMWの3シリーズのコンポーネントを使って作られたクーペモデル、4シリーズのチューニングモデルとなるのがこのM4クーペです。

BMWには昔からモータースポーツ部門としてBMWモータースポーツという子会社があり、数々のモータースポーツモデルやエンジン、パーツなどを開発してきました。

その企業は1993年にBMW Mと社名を変更したのですが、そのころから作られるモデルがより一層過激なものとなっていきました。

このM4も4シリーズのクーペモデルをベースとして作られたものなのですが、外観はM専用のエアロパーツなどが付けられているだけでそれほど違いはないのですが、中身は全く違うものが与えらえているのです。

まずエンジン、4シリーズでは最大で3リッターエンジンを搭載し、パワーも306psが一番パワフルなものとなっているのですが、このM4では4シリーズの搭載されている3リッター直列6気筒エンジンにターボチャージャーを付け、最大出力431psまでパワーアップさせているのです。

さらに足回りやブレーキシステムなども専用のものが与えられているので4シリーズの車とは全く違うものとなっています。

その代わり価格もかなりパワーアップされており、4シリーズで一番高いものでも800万円以下で買えるのにM4クーペは軽く1000万円を超えています。

M4ではまだ見ることがありませんが、この価格差のおかげで普通のモデルをMモデルのようにドレスアップする「Mもどき」が登場するのも時間の問題でしょう。

プリウス 中古 燃費

Copyright(C) あこがれのスポーツカー Allrights reserved.