ポルシェ/911カレラ4S


Wikipediaより

ポルシェといえば911といわれるぐらい有名な911シリーズですが、少し誤解を招くような型番の付け方を持っています。

それは車名と形式番号、この車の名前は911というものなのですが、年式やモデル系統を表すのに904とか930など呼ぶこともあります。

分かりやすく言えばハイブリッドカーのプリウスの車名は「プリウス」、型番がZVW30となっているのと同じです。

ですから911であって930だったり、996の911なんて呼ばれ方もするので非常に厄介です。

これは車名が数値で表されており、形式番号の頭に9が付いているからごっちゃになってしまうのです。

現行モデルとなっているのが991型と呼ばれる911なのですが、この中でも安定志向のハイパフォーマンスモデルとなっており、日本でも人気の高いモデルが911カレラ4Sと呼ばれるものです。

「カレラ」とは911の先代モデルである550がメキシコの公道レースに出場したことが由来となっており、現在ではモータースポーツにも十分対応できるスポーツモデルという意味で使われており、「4」は四輪駆動、「S」はスポーツという意味を持っています。

このモデルは四輪駆動のモータースポーツにも耐えられるスポーツ志向の911であるということが車名か読み取れます。

エンジンはさすがに空冷ではなくなりましたが、ポルシェお得意の3.8リッター水平対向6気筒エンジンを911ではおなじみのリヤエンジンレイアウトで搭載し、最大で400psをたたき出しています。

ターボエンジンモデルの911ターボよりははるかに非力ですが、NAエンジンモデルとしては二番目のパワーを誇っています。

トラック 買取

Copyright(C) あこがれのスポーツカー Allrights reserved.