マクラーレン/650Sスパイダー


Wikipediaより

マクラーレンといえば自動車好きな方であれば1度は耳にしたことがある名前だと思います。

一時期日本でもテレビ局の力でF1がブームになったことがあり、その時のチーム名や車の名前として呼ばれていたので意外とメジャーなのかもしれませんが、マクラーレンは基本的にレーシングマシンを作る自動車メーカーで市販車両というものをあまり作っていなのですが、数少ない量産車として売り出している車の中の1台がこのマクラーレン650Sシリーズです。

このモデルはイギリスのマクラーレンが作った2シーターモデルで、MP4-12Cの後継モデルとなります。

ボディバリエーションは、クローズドボディのクーペとハードトップを持つクーペカブリオレスタイルのスパイダーがあります。

どちらも基本的にな構造は同じで、3.5リッターV型8気筒ツインターボエンジンが搭載され、トランスミッションはセミオートマチックの7速デュアルクラッチトランスミッションという構成でどちらもMP4-12Cのもののバージョンアップされたものが採用されています。

パワーも先代モデルから大きくパワーアップされ、とうとう650psにまでなりました。

デザイン的には先代モデルのイメージが強く残され、斜め上方向に開くバタフライドアも継承しています。

このモデルは日本でも正規輸入され、クーペモデルもスパイダーモデルも両方手に入れることができます。

しかし、クーペで3160万円ぐらい、スパイダーで3400万円くらいする価格ではなかなか購入する人もいないでしょう。

特にスパイダーモデルは四季の変化が激しい日本ではなかなか受け入れにくく、現在販売されているものもほぼクーペモデルとなっているようです。

ちなみに現在のところ純粋なイギリス車といえるのはこのマクラーレンから作られるモデルだけとなりました。

Copyright(C) あこがれのスポーツカー Allrights reserved.